株式会社コーセーは3月6日(日)に「ダイキン・オーキッド・レディス」が開催された沖縄県で記者発表を行い、有村智恵、金田久美子、北田瑠衣、香妻琴乃、斉藤愛璃、原江里菜、松森彩夏、森田遥、笠りつ子の9選手とスポンサー契約を締結したことを発表した。

華麗ドレス姿特集アップ!美人女子プロ写真館
 コーセーは日差しの中で長時間活動するゴルファーをスキンケアの面からサポート。同社の小林一俊代表取締役社長は「私自身、女子プロゴルファー皆さんとプロアマ等でプレーする機会があり、夏でも長袖を着たり、日傘をしたり、日焼けを非常に気にして苦労していることに気がついた」とサポートに至ったキッカケを説明。同社の新たな日焼け止め「スポーツビューティー」の発売のタイミングも重なったことから、今回の契約にいたった。

 9選手が集結した記者発表には“ゆるキャラ界一の美容オタク”ことふなっしーがゲスト登場。「沖縄は遠い、千葉から泳いできたなっしー!定置網にひっかかって大変だったなっしー!」と語って会場の笑いを誘うと「日に焼けて皮がむけたら、放送事故になるから、日焼けには相当気にしているなっしー」と梨の妖精らしい?日焼けに対する思いを口にした。その他にも日焼け止めに対する熱い思いを語ったふなっしーは、小林社長から正式にPR大使に任命され、有村、香妻からたすきをかけられて喜びの梨汁を流していた。

 早速日差しの強い沖縄で行われた開幕戦で優勝争いを演じた松森は「春から夏にかけて紫外線が強くなるのでスポーツビューティーと一緒にがんばりたいと思います。ありがとうございました」とコメント。原は「私達は、外でクラブを振っているので、ずっと日焼けはあきらめていたんですが、今年はしっかりケアしていきたい」と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>