<ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 2日目◇4日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,649ヤード ・パー72)>

 昨年の新人戦覇者、篠原まりあがスタートホールの1番パー4で約140ヤードのセカンドショットを8番アイアンでカップに放り込み、イーグル発進。なんと、4番パー5でも3打目のアプローチがカップに沈み、チップインイーグルを奪取。「プライベートでも初めて」というハーフ2イーグルを奪うロケットスタートを切った。

大会2日目の模様をフォトギャラリーで!
 その後は「運を使いはたしちゃいました(笑)」と強風の影響や不運もあり5つのボギーを叩き、上がってみれば“73”とスコアを1つ落とし18位タイに後退。それでも「高校2年生の時以来のセカンドイーグルなので嬉しかったです」とラウンド後は笑顔で話してくれた。

 「今日のイーグルはたまたまですが、方向性はいいので悪い感じはしていません」と今後につながるプレーになった様子。昨年の11月から鈴木愛らが支持する南秀樹コーチに師事、スイングをアップライト目に改造し方向性にはさらに自信がついたという。

 「10位以内に入ろうと思っていたのでいいスタートは切れたと思います。いいスタートが切れたらいい1年になると思ったので」、残り2日間でトップ10浮上を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>