<WGC-キャデラック選手権 初日◇3日◇トランプナショナル・ドラール(7,543ヤード・パー72)>

 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-キャデラック選手権」がフロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開幕した。前週の「ザ・ホンダ・クラシック」で痛めた股関節の影響が心配された松山英樹だが無事にティオフし1イーグル・3バーディ・3ボギーの“70”をマーク。2アンダーとまずは上々のスタートを切った。

松山英樹のドライバーショットを連続写真で丸裸!
 INから出た松山はスタートの10番パー5でボギーが先行するも601ヤードの12番パー5で253ヤードのセカンドを約3メートルに2オン成功。これを沈めてイーグルとすると、14番ボギーのあと15番、16番と連続バーディを奪ってスコアを伸ばした。後半は1番パー5でバーディを奪うも、4番パー3でボギー。終盤はパーを並べてホールアウトした。

 現時点で首位は6アンダーまで伸ばしたスコット・ピアシー(米国)。1打差の2位でフィル・ミケルソン(米国)が追っている。宮里優作は10番まで終えて4オーバーと苦しい展開となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>