いよいよ今日から始まる『ダイキンオーキッドレディス』にての新シーズンが幕を開ける。国内女子ツアーと言えば毎年新しいヒロインが誕生するのも魅力の1つ。今年はどんなシンデレラストーリーが生まれるのか。期待の若手選手について村口史子に話を聞いた。

【関連写真】昨年の開幕戦では姉・奈津佳とドレス姿でツーショット!
 昨シーズンはイ・ボミ選手、テレサ・ルー選手の活躍が目立ちましたが、若手選手が何人も出てきた年でもありました。

 中でも藤田光里選手が初優勝を挙げました。彼女は飛びますしパッティングも良い。ヒットの仕方が上手いですね。今季の鍵は体調の維持でしょう。昨季の序盤は手首痛で出遅れたように、そういった部分のケアが重要になってきます。シーズンは長いですから。1年通じて一定の調子をキープできれば、優勝のチャンスは何度もやってくるでしょう。

 また、昨年は多くの若い選手がシードを獲得しました。初優勝を期待できる選手ばかりです。その中でも私の最注目は堀琴音選手。プレーを見ていて気持ちがとても強い。普通にやっていれば初優勝を挙げると思います。彼女はコース内でのミスしたときとかに自分で修正できるタイプで、プロらしい感じがします。1人でやっていける感じが出ていますね。

 もう1人挙げるとしたら永峰咲希選手でしょう。彼女はスイングがしっかりしていて、飛距離もでます。あとは勝負のときの“勝つ!”と言う気持ちをどう持っていくかでしょう。もちろん勝ちたいと思っていると思いますが、まだまだ大人しい感じがしますね。これは経験していくことでついていくものなので、なるべく早くにたくさん優勝争いを経験した方が良いと思います。そうすれば、おのずとカップに手が届くと思います。

 2人の他にも青木瀬令奈選手や松森彩夏選手といった選手がシード入りしています。彼女達は“シードを維持しよう”という気持ちでやらずに、どんどん上を見て、“初優勝しよう”といった目標を設定した方が良いでしょう。何故なら今のツアーでは全試合で予選を突破したとしても、ずっと下位だったら獲得賞金はシードに届かないですから。もちろん全選手そうだと思いますが、守りに入らず高いところを見たほうが良いですね。

 今年はオリンピックがあり、強い選手が多く海外に参戦すると思うので若手選手が今まで以上に出てくると思います。今年もこの選手、ということではなく色々な選手がでてくるのが今年の見どころと言えるでしょう。そこに大山志保選手や表純子選手のようなベテランも加わる今年の女子ツアーはさらに面白くなるのではないでしょうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>