<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇2日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,649ヤード ・パー72)>

 「体力的にも精神的にも開幕戦は本当に楽しみです!」。初シード選手として2016年シーズンを迎える柏原明日架は、3月3日(木)に開幕する国内女子ツアー『ダイキンオーキッドレディス』への出場に喜びを隠せない。

【関連】柏原明日架が新投入の『XR16ドライバー』の写真はこちら
 2014年7月のプロテストで合格し大きな期待を受けたが、12月のファイナルQTでまさかの58位。2015年はレギュラーツアー出場が限定され、ステップ・アップ・ツアーといったりきたりの転戦となったが、『日本女子オープン』で優勝争いに絡むなど結果を残して出場20試合ながらシード権当落線上ギリギリの賞金ランク50位に滑り込んだ。

 「(レギュラー、ステップの掛け持ちに)複雑な気持ちが凄くあって…。レギュラーツアーに出場できても“まず賞金をしっかりと稼がないといけない”という切実さがずっと頭にあり、単純にゴルフを楽しむことが出来ていませんでした」

 ツアープロコーチの間でも“いつ勝ってもおかしくない”とスケールの大きさを評価される逸材だが、メンタル面のブレが試合に影響。それだけに「今年は全試合出場できる。38試合ありますが楽しんでゴルフができれば、いいゴルフができるんじゃないかな」と語る言葉は明るく弾む。「いまはいいことばかりです。富士通さんに所属契約のお話を頂いて、サポートを受けているメルセデスさんからもグレードアップした車を貸与して頂いて、試合にも出れて!」
 
 開幕からスタートダッシュができるよう、1月はしっかりとトレーニングを積み、2月はゴルフ漬け。「100点のセッティングで迎えたいという気持ちがあった」とパター以外すべて変化を加えてきたクラブも万全の状態だ。

 「今季の目標は前半戦での1勝で、地元・宮崎開催のリコーカップ出場も目指すべきことですが、まず楽しむことがプラスになると思います」。前半戦早々に初優勝を果たし覚醒すれば、賞金女王を狙えるスター性のあるプレーヤーがまた一人増えることになる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>