<HSBC女子チャンピオンズ 事前情報◇2日◇セントーサGC ザ・セラポンC(6,600ヤード・パー72)>

 米国女子ツアーのアジア・オセアニア3連戦・最終戦となる『HSBC女子チャンピオンズ』が明日2日(木)からシンガポールにあるセントーサGC ザ・セラポンコースで開幕。この大会は出場人数が63名と限られており、シードの中でも上位選手だけが出場が許されるエリートフィールド。今年も世界ランクトップ10をはじめ、強豪選手が集結した。

米国女子ツアーをフォトギャラリーで振り返る
 昨年大会では初日から首位に立ったインビー・パーク(韓国)が、4日間ノーボギーのパーフェクトゴルフで完全優勝を果たした。そのパークは、今季開幕戦で怪我のため棄権。先週の『ホンダLPGAタイランド』から復帰し30位タイに入ったが、まだ100%の状態ではない。

 そのパークをおいて、今大会の優勝候補は世界No.1のリディア・コ(ニュージーランド)とレクシー・トンプソンの2人だろう。コは今季2戦に出場し3位と2位に入り、相変わらずの強さを見せている。一方、トンプソンは先週ツアー7勝目を挙げ世界ランキングで米国勢トップの3位に浮上、現在最も勢いのある選手だ。

 また、日本勢は野村敏京、宮里藍、横峯さくら、宮里美香の4人が出場する。今季オーストラリアでのツアー初優勝でオリンピック候補3番手似浮上した野村は、先週5位に入り候補2番手の大山志保に肉薄している。今週の成績で大山を抜く可能性があるだけに、野村にも注目が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>