<ホンダLPGAタイランド 事前情報◇24日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,548ヤード・パー72)>

 先週からアジア・オセアニア3連戦に入った米国女子ツアー。今週は『ホンダLPGAタイランド』がタイのサイアムCC パタヤ・オールドコースで開催される。この大会は70名のみと限られた選手しか出場できず、カットなしで熱戦が繰り広げられる。

イ・ボミの特選PHOTOは写真館で!
 今大会で10回目を迎えるが、オリンピックイヤーの今年は例年以上の盛り上がりを見せている。代表に入るべく候補選手たちは挙って今大会に参戦している。そんな中、主催者推薦で昨年国内賞金女王イ・ボミ(韓国)と大山志保も出場、来週国内ツアー開幕を控えるが、一足先に2016年を始動させる。

 各国の代表レースの中で一番厳しい韓国代表を目指すイ・ボミだが、代表入りは厳しい状況。今週発表された世界ランキングでは15位以内に韓国人選手は7人が入っており、世界ランク18位で8番手のボミにとって代表入りは険しい道のりだ。だが代表が決定する7月まであきらめずに今年は海外の試合にも積極的に出場し、世界ランキング浮上を目指す。

 一方、日本代表枠2名に入っている大山も、うかうか出来ない状況となった。先週オーストラリアで行われた『ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン』で野村敏京が優勝したことにより世界ランキングが48位まで上がり代表3番手に浮上した。今後、野村の活躍によっては大山も抜かれてしまう可能性がある。そのためにも今大会では成績を残したいところだ。そのほかの日本勢では代表候補筆頭の宮里美香、歴代覇者の宮里藍、横峯さくら、野村敏京が出場する。

 ちなみに、ペアリングも発表され、イ・ボミはクリス・タムリスとジェーン・パークの米国勢2人とペアリング。大山志保はパク・ヒヨン(韓国)とリゼット・サラス(米国)が同組となった。宮里美香はチェ・ナヨン(韓国)、ブリタニー・リンシコム(米国)と。宮里藍はヤニ・ツェン(台湾)、スーザン・ペターセン(ノルウェー)との歴代女王どうしの組合せとなった。野村敏京はミシェル・ウィー(米国)、地元タイのポーナノン・ファトラム。横峯さくらはキム・セヨン(韓国)、ジェリーナ・ピラー(米国)と初日を回る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>