<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇21日◇グランジェGC ウェストコース(6,600ヤード・パー72)>

 野村敏京はこの日、最小スコアの7アンダー“65”をマーク。「ISPSハンダ・オーストラリアン・オープン」で2位と3打差引き離しての初優勝を果たした。

米国女子ツアーニュースを写真でチェック!
 「米国女子ツアー初勝利は大きな意味があります」野村は言う。「こんなに早く勝てるなんて驚きでしたが、これは始まりにすぎないと思っています」。

 この日野村が9番、10番、13番でバーディをとるまで、今大会で優勝経験のあるカリー・ウェブ(オーストラリア)とリディア・コ(ニュージーランド)が、前半9ホール接戦を繰り広げていた。「もっと頑張ってより良いプレーをしなくてはという気にさせてくれました」。朝、コの組がプレーしている間にあがった歓声を聞いたとき、そう思ったと語る。

 野村はその後15番、16番、17番でもバーディをとると、トーナメントを一気にリードした。優勝を確信したのは「15番でバーディをとり、16番、17番もバーディでしたね。その時です」。

 野村は今回優勝したことで、資格がなかった次のLPGA大会2試合の出場資格を得た。「昨年は、タイでもシンガポールでもプレーできませんでした。今日、勝ったので今年はプレーできますね」と野村。米国女子ツアーで日本人が優勝するのは2012年「セーフウェイ・クラッシク」で宮里美香が優勝して以来だ。

 「今回の試合では一生懸命戦おうと心がけました。第3ラウンドはタフでしたね」野村は振り返る。「今週気づいたのは、自分のゴルフを信じることです。それが勝てた要因ですね。もっと早くから自分のゴルフを信じていたら、前回の試合でも勝てていたかもしれません」。

 世界ランキング1位のリディア・コは13アンダー、トータル275ストロークで2位フィニッシュ。一方、今大会5回の優勝経験のあるカリー・ウェブは9アンダー、トータル279ストロークで3位の結果だった。「私の今日の目標は67をマークすることで、67を出せました。何打差かつけられましたが、あたりは良かったです」と、コは語る。「確かにボギーでホールアウトしたのはベストな形ではありません。でも、良いプレーができました。ハルがもっと良いプレーをし、歓声がたくさん聞こえてきたので彼女がパットをたくさんきめたのだろうなと思いました。そういうプレーをされたら、私にはどうにもできませんね」。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>