<ノーザン・トラスト・オープン 最終日◇21日◇リビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」の最終日。首位と3打差の10位タイから2戦連続優勝を目指してスタートした松山英樹だったが、5バーディ・6ボギーの“72”と出入りの激しいゴルフでスコアを1つ落とし、トータル8アンダーの11位タイで4日間を終えた。

【動画】松山英樹が3連続バーディを奪取!優勝戦線に浮上
 序盤のつまづきを最後まで引きずった。1番でバーディを奪うも、3番、4番と2ホール連続でパットがカップに蹴られて3パットのボギー。「ショットは良い感じになりそうでなかなか上手くいかないという感じだったけど、パットはもう、ワケの分からないことに…」。体調不良の中で大会を迎えたものの、その中でショットには光明を見出していただけに、グリーン上での悩みはより鮮明になった。

 「3、4でミスしたあとに5番で獲れたんですけど、6でまた外したのがやっぱり8番のボギーにもつながってますし。9番で獲れたものをまた10番で獲れず、12番でまたボギーが来る。良い流れが来そうなときにボギーを打ってしまって。自分から苦しい展開にしてしまった」と波に乗れない1日を振り返った。

 優勝したバッバ・ワトソンのトータル15アンダーは「そこまで伸ばせないとチャンスはないと思っていた」とスタート前から意識していた数字だった。それだけにやはり悔しさもある。「なかなか上手くいかないところで焦りも出たし、そこはまだまだだなって感じです」とリーダーボードを仰ぎ見て息を吐き出した。

 西海岸シリーズを終えて次週「ザ・ホンダ・クラシック」から舞台はフロリダでの連戦に移る。それが終わればいよいよメジャー初戦「マスターズ」だ。「天候が変わると思うし、池も多くなる。しっかりとパットもうまく行くようにがんばりたい」。表情を引き締めてコースをあとにした。

【最終結果】
優勝:バッバ・ワトソン(-15)
2位T:アダム・スコット(-14)
2位T:ジェイソン・コクラック(-14)
4位:ダスティン・ジョンソン(-13)
5位T:マーク・リーシュマン(-12)
5位T:K・J・チョイ(-12)

11位T:松山英樹(-8)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>