<ノーザン・トラスト・オープン 3日目◇20日◇リビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)>

 ムービングデーを迎えた米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」。6アンダーの7位タイからスタートした松山英樹は6バーディ・3ボギーの“68”。トータル9アンダー10位タイで3日目を終えた。

【関連ニュース】松山英樹のPGA2勝目をもう一度動画で振り返る
 松山は出だしの1番からいきなり3連続バーディ。最高の滑り出しを見せると、ボギーを1つ挟んで8番、9番も連続バーディを奪取。この時点で首位と1打差とリーダーボードの頂点を窺わせた。

 だが、後半は一転10番でボギーを叩くと、13番でもセカンドショットを左に曲げて3つ目のボギー。続く14番でバーディを奪ったが、その後のチャンスを決めきれず順位を落とした。

 「スタートは良かったけど、その後伸ばしていけなくてしんどかった」と松山。「最後の3ホールでバーディーパットが決められなかったのがすごく悔しい。しっかりと修正したい」と唇を噛んだ。

 それでも「圏内には残ったと思う」とまだ3打差。「たくさん人が詰まっているので伸ばしていかないとなかなか優勝には届かないと思う。面白い展開になるように頑張りたい」。早くもやってきたPGAツアー3勝目のチャンス、そして日本人初となる出場2試合連続優勝に向けて明日は爆発するのみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>