<ノーザン・トラスト・オープン 3日目◇20日◇リビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」の3日目。2打差に9人がひしめく大混戦の中、にバッバ・ワトソンが単独首位に浮上した。

 【関連】松山のPGAツアー2勝目を写真で振り返る!
 ワトソンは5バーディ・1ボギーの“67”。最終18番ではセカンドを右に曲げてギャラリーの方へと打ち込んだが、そこから1mに寄せてパーセーブ。ピンチをしのいでポールポジションにつけた。

 1打差の2位タイはダスティン・ジョンソン(米国)、ジェイソン・コクラック(米国)、チェズ・リアビ(米国)の3人が続いている。

 松山は3連続バーディを奪うなど6バーディ・3ボギーの“68”でトータル9アンダーの10位タイ。松山と同組のローリー・マキロイ(北アイルランド)は5バーディ・1ボギーの“67”。トータル10アンダー5位タイから優勝を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>