<ノーザン・トラスト・オープン 初日◇18日◇リビエラカントリークラブ(7,322ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」は全選手がホールアウトすることなく日没によりサスペンデッドとなった。順位は暫定ながら8アンダーでホールアウトしたカミロ・ビジェガス(コロンビア)が単独首位。3打差の2位タイにチェズ・リアビ(米国)、バッバ・ワトソン(米国)、ルーク・リスト(米国)が入っている。

【動画】リッキー・ファウラーとガッチリ握手をかわす松山英樹
 前日のプロアマトーナメントを体調不良により途中棄権した日本の松山英樹は無事に18ホールを回りきり6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“69”で2アンダーの暫定27位タイ。岩田寛は16番終了時で中断となり1オーバーの78位タイとなっている。

 INから出た松山は14番でバーディを先行させると、15番のボギーを挟んで16番、18番、1番パー5でもバーディを奪って今大会も上々の立ち上がり。4番でボギー、5番では3オン3パットのダブルボギーを叩いて後退したが、6番、9番とバーディを奪い返して2アンダーでホールアウトした。

 松山と同組で回ったローリー・マキロイ(北アイルランド)が4アンダーの5位タイ、ジョーダン・スピース(米国)は8オーバーの142位タイと大きく出遅れている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>