2月半ばに差し掛かり、あと2週間で国内女子ツアーの2016年シーズンが開幕。例年オフはプロたちのクラブ契約や契約先が変わる時期だが、2月18日(木)には2013年賞金女王の森田理香子がダンロップからプロギアに移籍するなど大きな動きが見られた。契約変更だけでなく、契約フリーを選択するプロも増えているだけに、ここで有力プロクラブ契約変更情報を改めてチェックしよう。

【関連】プロギアの新キャディバッグとともにスイングポーズを決める森田理香子
■森田理香子 ダンロップ→プロギア

 今年のストーブリーグで一番話題となるのは森田理香子の移籍だろう。2008年のツアーデビューから初優勝、そして賞金女王戴冠を支えてきたダンロップからプロギアへのスイッチ。18日(木)に行われた契約発表会見では「プロギアのクラブとともに今季3勝を目標に」とコメント。昨季未勝利の悩める女王は新相棒とともに復権を狙うこととなった。

■木戸愛 契約フリー→本間ゴルフ

 昨季「様々なクラブを試したい」と一社と契約せずに戦った木戸愛が選んだのは、開幕戦から使い続けた本間ゴルフのクラブだった。「中学生の頃に使用していた」と元々の相性の良さと思い入れを語った木戸。クラブ自体の感触は1年間を通して掴んでいるだけに“チーム本間”への正式加入による手厚いサポートを受けて、ツアー2勝目を目指す。

■葭葉ルミ ヤマハ→ナイキ

 今季の初優勝が期待される葭葉ルミは、ナイキとクラブ、ボール、ウェア、シューズの総合用具契約を締結。国内女子ツアーでの総合契約は初ということだけに大きな期待が伺える。日本でのクラブテストの後、ポートランドのナイキ本社にてフィッティングを実施しており「開発チームの方々とお話をしてとても信頼できると思いました」と準備万端だ。

■飯島茜 ミズノ→契約フリー

 昨季「Tポイントレディス」で5年ぶりツアー優勝を果たした飯島茜は、自身のツイッターにて「私事ですが、今年からクラブを、フリーでいくことになりました!」と発表。とはいえミズノと完全に離れるわけではなく、「今後ともミズノも、ほかのメーカーも、いろいろ試していく予定です」と自分に合った1本を探していく構えを見せている。

■藤田さいき 本間ゴルフ→契約フリー

 2010年「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」などを制している藤田さいきも今年からクラブ契約フリーに。登録名も漢字の「藤田幸希」から「藤田さいき」に変えて心機一転、2011年以来のツアー6勝目を目指す。ボールも本間ゴルフを使用していたがタイトリストに変更予定。

■永井花奈 アマチュア・未契約→本間ゴルフ

 今年プロ宣言した永井花奈は本間ゴルフと契約。昨季までのPINGのイメージがまだ強いが「今回テストをさせて頂いて、ドライバーからだったのですが構えた時に“この顔好きだなぁ”と思えて、打ったら飛んで曲がらない。“コレだな!”と思って決めました」と本間ゴルフと契約した理由を語っている。

■江澤亜弥 テーラーメイド→ヤマハ

 昨季初のツアーフル参戦もシードを獲得できなかった江澤亜弥。「QTで失敗して、心機一転を考えて…」とヤマハサイドに自ら打診。「学生時代からテーラーメイドしか使ったことが使ったことがなかったのですが、次使うならヤマハだと思っていた」。今季はステップ・アップ・ツアーが主戦場だが、少ないレギュラーツアーのチャンスで結果を出す。

 クラブはプロにとって商売道具。慣れ親しんだものから変更するということはそれなりにリスクを伴うが、新契約をきっかけに飛躍する選手も少なくない。新環境を力に変えて2016年シーズン輝くのはいったい誰になるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>