<AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ 初日◇11日◇ペブルビーチ・ゴルフリンクス>

 この日開幕した米国男子ツアー「AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ」。この試合に出場しているジェイソン・デイ(オーストラリア)の帽子に変化が。通常は契約しているテーラーメイド社のロゴが入っているが、今週は“FAM1LY”と入っている。

新しいMはこんなクラブ!
 その理由はテーラーメイド社のMシリーズのキャンペーン。同社は昨年プレーオフシリーズ「ドイツ銀行選手権」で“M”のロゴを帽子やキャディバッグから消して"Missing M"として『M1ドライバー』のキャンペーンを行っていた。今回は『M2 ドライバー』のツアーローンチに当たり、「M1に新しい家族(Family)が加わるので、スペルをもじった“FAM1LY”キャンペーンを実施しました」(同社広報担当者)という。なお、側面には“M2.19”とM2をもじった米国での発売日が記されている。

 デイの他にもダスティン・ジョンソン(米国)やジャスティン・ローズ(イングランド)ら“看板プロ”たちが揃ってこの“FAM1LY”帽子を着用。ローズは先週から新しい『M2 ドライバー』を使用し、首位と2打差の5位タイと好スタートを切った。

 帽子を使った遊び心溢れるこのキャンペーン、契約プロたちが活躍すればさらに注目を集めるようになるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>