<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇7日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」は松山英樹とリッキー・ファウラー(米国)との4ホール渡るプレーオフの末、松山が勝利した。

ファウラー、来日し自身が使うドライバーをピーアール
 ファウラーは正規ホールの17番では松山らに2打差をつけていたが、ティショットがグリーン奥の池に入りボギーに。終盤で連続バーディを奪った松山に追いつかれプレーオフに持ち込まれた末に、4ホール目の17番で再びティショットを池に入れ敗退。2週間前の欧州ツアー「アブダビHSBCゴルフ選手権」を制するなど好調を維持していたが、2発の池ポチャで勝利を逃した。

 「昨日までの3日間でもう少し良いパットができれば良かった。それでも良いショットは打てた。でも、この負けはとても痛い」と悔しさを隠さなかったファウラー。「17番のショットは、あれは本当に悔しい」と最も悔いが残ったのはやはり17番。「僕が勝てた試合。それにあのショットは本当に良いスイングだった。17番はフロントまで304ヤード、後ろのバンカーまで30ヤードはあるから330ヤード以上飛んでしまった」、ドライバーでカット目に打ったにも関わらず思わぬビッグドライブになってしまった。

 プレーオフでは3番ウッドを使用、「ちょうど良い距離だった。きっちりと当たったし、ハイフェードを打つつもりだったのが、ちょっとスイングが早くなってしまった」。この17番がファウラーには“鬼門”になってしまった。

 「たくさんの友人が応援に来てくれて、家族、祖父と父はまだ僕が勝つところを見たことがないから、そこで勝てなかったのはすごく残念」、勝ちが見えていただけに悔しさもひとしお。「でも大丈夫。これだけ良いプレーをできた。僕はまた勝てると分かっている」と最後にはしっかり前を向いていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>