<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 3日目◇6日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」3日目。予選ラウンド2日間でトータル7アンダー・4位タイとしていた松山英樹はこの日も3つスコアを伸ばし、トータル10アンダー・2位タイに浮上。最終日は首位ダニー・リー(ニュージーランド)との3打差を逆転しての、米ツアー2勝目を狙う。

【関連】松山の3日間を振り返る!米国男子ツアーフォトギャラリー
 スタートホールの1番でバーディ発進となった松山は、前半を2バーディ・1ボギーとし、1つ伸ばしてバックナインを迎える。11番でバーディを奪うも続く12番でパー3で3パットのボギーとし伸ばしあぐねる展開が続くが、終盤に差し掛かる14番PAR4で魅せた。

 191ヤードのセカンドショットをグリーン右サイドのカラーから少しこぼれたところに外すも、約10mの3打目をランニングアプローチで沈め、チップインバーディ。ギャラリーからの大歓声を受けて向かった続く15番PAR5でもバーディを奪取し、2桁アンダーに乗せてのホールアウトとなった。

 「アイアンがちょっとだけ良い感触になってきたのが救いかなと思いますけど、まだティショットとパッティングに不安がある。パットはそんなに悪くないんですけど、3パットを沢山したら不安にもなってくると思う」と振り返った松山。いい位置で最終日を迎えたいという気持ちのなか「なかなか上手くいかない状況で14番、15番は良かった」と連続バーディに救われた。

 3打差からの残り18ホールについては「悪くないと思うし、明日どうなるか分からないけど、しっかりと最後まで争えるように頑張りたいと思う」。

 予選ラウンド終了時点では優勝できる状態にないと話していたが、「これだけティショットに不安を持っていたら話にならないと思いますが、その中でも良いところにティショットを打てればチャンスはあるかなと。やっぱり最後の締めとなるパターが入らないと勝つことは難しいと思いますし、パッティングが入るラインにつけることも大事。追いかける人間はどんどん攻めていかないといけないのでボギーを打たないようにやっていけたら」と不調のなかでも攻める姿勢を打ち出して戦う。

 「リッキー(ファウラー)とは優勝争いで回るのは初めてだし、どういう雰囲気でプレーするのか見てみたい。ダニー(リー)もこの位置で一緒に回るのは初めてなので、本当に楽しみ」と最終日最終組での2人とのラウンドを楽しむという気持ちが強いという松山。昨年の同大会は1打差2位タイ。逆転優勝でリベンジを果たすことはできるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>