<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

 前日から持ち越した第1ラウンドの続きと第2ラウンドを行った、「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目。この日も全選手がホールアウトできずに日没サスペンデッドとなったが、6アンダーの首位タイから第2ラウンドをスタートした松山英樹は4バーディ・3ボギーの“70”でスコアを1つ伸ばし、トータル7アンダー暫定4位タイにつけた。

石川遼は2週連続予選落ちに落胆…
 OUTの前半は「ショットが悪かったけど、前半は良いパットが入ってくれた」としながらもスコアを伸ばした。3番パー5でバーディを先行させると、続く4番パー3ではティショットを3メートルにつけて連続バーディ。さらに8番では約7メートルを放り込んで一時は2位を引き離して単独首位に立ってみせた。

 しかし、9番でティショットを右のバンカーに入れてボギーとすると、ハーフターン後は耐える展開。「14番くらいからアゲンストで距離も長くなるし、簡単ではなかった」とその14番でティショットのミスからボギー。17番ではバーディを奪い返したが、最終18番はセカンドがグリーン右手前バンカーで目玉になって、ボギーとした。

 それでも、「コンディション的に後半の方が難しかった。そういう意味では後半よく1オーバーで回れたと思うし、今日をアンダーで回れたのは大きいかなと思う。まあ、予選通過できたんで良かったなと思いますね」とこの日の“70”には及第点。一方で未だに手応えが無いショットについては「良くなる気配がないです。まあいつか良くなると思いますよ。いつかです。来年ぐらいに」と苦笑い。本調子にはまだまだ遠い。

 それでも、ホールアウト時点暫定首位タイで公式記者会見に呼ばれた松山は「去年ここで負けたことがすごく悔しかったですし、それから勝てるように準備はしているつもりですけど、なかなかチャンスがない形になっている。今年になってまたこの試合で良いチャンスが巡ってきていると思うので、去年の悔しさを晴らせるようにがんばりたい」と力強く宣言した。3打差で迎える決勝ラウンドはさらに気持ちを込める36ホールとなる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>