<レオパレス21ミャンマーオープン 2日目◇5日◇ロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブ(7,218・パー72)>

 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーとの共同主観競技『レオパレス21ミャンマー・オープン』は、2日目の競技が終了。この日、南アフリカのショーン・ノリスとインドのSSP・チャウラシアがトータル12アンダーまで伸ばし首位に浮上した。1打差のトータル11アンダー2位タイにはセム・ブラゼル(オーストラリア)とラシド・カーン(インド)がつけた。

 また、初日3位につけた矢野東は2日目を6バーディ・1ダブルボギーの“68”でラウンド、トータル10アンダーに伸ばしたが5位タイに後退。それでも、日本勢トップはキープし決勝ラウンドに進出した。その他5位タイにはワン・ジョンフン(韓国)とチャン・イクン(韓国)が並ぶ。続くトータル9アンダー8位タイには昨年の国内賞金王キム・キョンテ(韓国)、2週連続Vをねらうソン・ヨンハン(韓国)ら6人がつける。

 矢野のほか主な日本勢ではトータル8アンダー14位タイに永野竜太郎。トータル7アンダー19位タイに藤本佳則、上平栄道、山岡成稔、森本雄。トータル6アンダー32位タイに池田勇太、宮里優作らがつける。

 今週、日本勢は17人が予選を通過。そんな中、小田孔明と藤田寛之の実力者2人が予選落ち。小田と藤田は初日躓くとこの日も初日の出遅れを巻き返せずに小田はトータル2アンダー79位タイでフィニッシュ。藤田はトータル4オーバー130位タイで大会を終えることとなった。

【2日目の結果】
1位T:ショーン・ノリス(-12)
1位T:SSP・チャウラシア(-12)
3位T:ラシド・カーン(-11)
3位T:セム・ブラゼル(-11)
5位T:矢野東(-10)
5位T:ワン・ジョンフン(-10)
5位T:チャン・イクン(-10)
8位T:キム・キョンテ(-9)
8位T:ソン・ヨンハン(-9)
8位T:ダニー・チア(-9)他

14位T:永野竜太郎(-8)
19位T:藤本佳則(-7)
19位T:上平栄道(-7)
19位T:山岡成稔(-7)
19位T:森本雄(-7)他
32位T:池田勇太(-6)
32位T:宮里優作(-6)他

79位T:小田孔明(-2)他
130位T:藤田寛之(+4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>