<コーツ・ゴルフ選手権 事前情報◇2日◇ゴールデンオカラGC(6,541ヤード・パー72)>

 先週「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」で9度目の2位を経験し、今大会に挑むステイシー・ルイス(米国)。

先週は2位タイ「スイングがまとまってきた」と調子は悪くないステイシー・ルイス
 「(先週は)とても良いプレーをしました。フロントナインは良いパットがたくさん打てましたし。入らなかっただけです。先週のグリーン周りはそんな感じでしたね」とルイスは振り返った。「ツイッターでは誰かが、彼らにはメディアセンターに来てほしいくらいですが、9度の2位について語っているらしいです。9度の3位よりはましよね(笑)彼らには私のために何かストーリーを書いてほしいわ」とルイス。

 2014年「ウォルマートNWアーカンソー選手権」を制して以来、ルイスは優勝から遠ざかっている。そして2016年、彼女は非常に高い目標を掲げた。

 「オリンピックのメダルとメジャーで何勝かできたら素晴らしいですね」とルイスは目標について語った。「できると思います。今の自分のプレーの状態と、今までやってきたことができれば、可能だと思います。スランプを乗り越え、優勝ができたら、そこからは簡単だと思います。それがどんな魔法の解決策かはわかりません。何によってスランプを乗り越えられるのかもわかりません。でも、自分自身でそう思っていくことが大切ですね」。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>