<SMBCシンガポールオープン 4日目◇31日◇セントーサGCセラポンC(7,398ヤード・パー71)

 初日から順延が続くアジアンツアーとの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」。大会最終日も終盤で強烈なスコールと雷雲に見舞われ、優勝の可能性を残す3組がホールアウトできず。首位と3打差・トータル9アンダーで迎えた最終18番セカンド地点で中断となった谷原秀人は、月曜日の現地時間7時30分()からプレーを再開する。

【関連】スピースの最終18番のバーディパットを打てず、ショックをあわらに…
17番でバーディを奪取し、迎えた18番パー5。ティショットをフェアウェイ右バンカーに入れ、2打目を打つ前に荒天中断。14時47分から約3時間の順延後、翌日への持ち越しが決定した。

 「やりたかった」とため息交じりに話すも、中断直前は“嵐の前触れ”となる強烈なアゲインストの影響を受けていたことから「明日は(風が)ないので(残り)100ヤードくらいには刻める」とメリットも感じている。「今週は4回も3パットをしている」といい、最終ラウンドも5番、14番で3パット。“パット名手”らしからぬ状況だけに、3打目のショットが重要になってくるだろう。

 本来なら日曜日の夜10時にシンガポールを立つ予定だったが、キャンセルせざるを得ない状況。飛行機代のことを気にしなければならないと気を揉んでいただけに、少しでも多く賞金を稼ぐため、ラスト1ホールに集中する。


<ゴルフ情報ALBA.Net>