<FedExCUPランク>

男子メジャー第3戦「キャリアビルダー・チャレンジ」終了時のFedExポイントランキングが発表され、3年ぶりに勝利を手にしたジェイソン・ダフナー(米国)が30位から8位に浮上した。

本間ゴルフイベント 会場を盛り上げた岩田寛の“珍回答”な目標は?
 先週に引き続き1位はケビン・キスナー(米国)、2位はラッセル・ノックス(スコットランド)。今大会3位タイのケビン・ナ(米国)が7位から3位に順位を上げている。日本勢で唯一試合出場していた岩田寛は174位、試合出場のなかった松山英樹は64位、石川遼は148位に順位を下げた。


【FedExCUPランク】

1位:ケビン・キスナー(1,073pt)
2位:ラッセル・ノックス(920pt)
3位:ケビン・ナ(817pt)
4位:スマイリー・カウフマン(751pt)
5位:ジャスティン・トーマス(748pt)
6位:グレアム・マクドウェル(732pt)
7位:ファビアン・ゴメス(716pt)
8位:ジェイソン・ダフナー(700pt)
9位:エミリアーノ・グリッロ(620pt)
10位:ジョーダン・スピース(586pt)

64位:松山英樹(160pt)
148位:石川遼(55pt)
174位:岩田寛(174pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>