株式会社Tポイント・ジャパンは1月20日(水)に都内にて記者会見を行い、木戸愛と共に実施したチャリティ企画が終了し、総額1,118,400円をLPGAに寄付したことを発表した。

コースとは違うドレス姿やスーツ姿も!木戸愛フォトギャラリー
 2014年から始まったこのチャリティ企画は今回で2回目。前回同様2つの企画にて寄付金が集められた。1つは木戸が2015年度に獲得したバーディ数に対し、1バーディにつき1,000ポイントを木戸自身が既出、Tポイント基金を通じ、LPGAジュニア育成基金に寄付する。さらに、この木戸の寄付ポイントに加え、Tポイント・ジャパンも同ポイントをマッチング寄付という形で寄付される。

 2つ目が木戸がウェア契約を結ぶTSIグルーヴアンドスポーツが展開する「PEARLY GATES」のゴルフウェアなどと直筆のサイン色紙をセットにし、プレゼントとして2015年4月から12月まで毎月出品。ユーザーはTポイントで応募する形となり、1人で何口でも応募できる。そうして集まったポイント、そしてそのポイントと同額のポイント数をTポイント・ジャパンが既出するというもの。

 このように集まった1,118,400ポイントを1ポイント=1円で換算。総額1,118,400円がLPGAの「LPGA ジュニア育成基金」に今回寄付された。第1回は1,078,480円だったため、39,920円昨年比で増えた計算となる。

 木戸は「今年からゴルフがオリンピックに復活し、2020年には東京オリンピックが開催されます。ジュニアのみなさんがゴルフと触れ合える機会を増やして、メダルを獲れるような選手を育成できるように今後も協力していきたいです。また、東京五輪には私もまだチャンスがあると思っていますので、私自身も出られるように頑張りたい」と笑顔で語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>