<ソニー・オープン・イン・ハワイ 初日◇14日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

 優勝争いを演じた14年大会の再現だ。米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の初日。谷原秀人が5バーディ・1ボギーと安定したプレーを披露し、14年大会初日と同じ“66”をマークした。

相性のよい大会で開幕前から期待が集まっていた谷原秀人
 「ショットもパットも安定していた。いいチャンスをしっかりものにできたと思う」。風の少ない午前スタートの組でプレーした谷原は、出だしの10番で幸先よくバーディ発進。13番でこの日唯一のボギーを叩き、一時イーブンパーに後退するが、前半さらに15番、18番でバーディ。難易度の高いインコースできっちりスコアを伸ばし、後半のプレーに入った。

 後半に入ってからは、スコアを伸ばせず我慢の時間が続いたが、7番パー3でティショットを2メートルに寄せバーディ。さらにフォローの風が吹くチャンスホールの9番パー5もきっちりバーディとした谷原は4アンダー“66”でホールアウト。片岡大育と並び日本勢トップとなる20位タイで初日のプレーを終えた。

 昨年こそ体調不良で同大会を棄権した谷原だが、2年越しの今大会で再び好スタート。大会との相性の良さが際立つが、「特に相性は気にしていない」と本人は話す。しかし、ただひとつの決めごとだけは守ってプレーしているようで、それは「ラフに入ったら、アプローチできるところに持っていって寄せワン」でしのぐことだ。

 大会の舞台であるワイアラエカントリークラブのラフにはバミューダ芝が採用されている。谷原と同じく20位タイスタートを切った片岡大育にバミューダ芝について聞くと、「攻略法は“とにかく入れないこと”。それだけです」という答えが返ってきた。片岡によると、細く粘っこい性質のバミューダ芝からのアプローチは、「どこにどれだけ飛ぶか予想がつかない」。また、セカンドショットでも飛距離を出しにくい性質で、「200ヤード以上残ったら、100ヤード飛ばすのが限界」とのこと。それだけ攻略の難しい芝なのだ。

 今大会は例年ビッグスコアが飛び出すハイスコア合戦が展開されるため、多少のリスクを負っても攻めたくなる。しかし、それが落とし穴でバミューダ芝のラフから無理やり攻めたことで脱落していく選手も少なくない。まずは、ラフに入れないこと。そして、入れたとしてもそれを受け入れて、いかにしのぐかが重要となるのだ。はたして、明日からも決めごとを守り、さらなる上位進出を果たすことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>