キャロウェイゴルフ株式会社は8日(金)都内で記者発表を行い、用具契約を結んでいる石川遼と新たにボール契約を締結したことを発表した。この日発表会に出席した石川は、新製品のキャロウェイのクロムツアーボールを使用予定。2016年は1月14日(木)に開幕の「ソニー・オープン・イン・ハワイ」からシーズンをスタートさせる。

暗闇の中、列をなすギャラリーにサインをする石川遼
 石川は今回の契約について、「ボール契約を結ばせていただいて、キャロウェイ一色で戦うことができる。世界でキャロウェイ旋風を巻き起こせるように頑張っていきたい」とコメント。新たなボールについては「高さ、スピード、打感、距離、すべてが一致しないと試合で使えない。このボールは柔らかいけど強く振った時に芯が残っている感じで、柔らかく振った時はしっかり柔らかいボールが出てくれる」と信頼を口にした。

 発表の最後には用意された通常の2500倍のビッグボールに「心」の一文字を書き記した。石川は「去年までは練習で出来ていたものが試合で出来なかったり。前のホール出来たことが次出来なかったり、自分が出来ることが出来ないのはやっぱり心だと思う。1回しか打てない中でいかに心を集中させて自分のパフォーマンスを100%出せるか。パフォーマンスを上げるのは練習だけど、発揮するのに重要なのは心だと思う」と込めた思いを説明。

 2016年に向けては「キャロウェイですべてそろえて戦えるのが、自分にとってもキャロウェイさんにとってもこれから先いいものを作ることへの新たな一歩になればと思う。スタッフの皆さんに感謝しかない。感謝を伝える意味でも、この新しいボールでPGAツアーを勝つことが恩返しだと思う」と改めてPGAツアー優勝へ向けて思いを新たにした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>