2015年の12月15日に行われたピンゴルフの『CLUB PINGファン感謝 Day』。その前日、千葉県のカレドニアン・ゴルフクラブに新クラブの撮影のために前田陽子、上原彩子、一ノ瀬優希、鈴木愛の契約プロ4名が来場。15年の振り返りと新シーズンの目標について話した。

百花繚乱!人気女子プロの特選フォトは写真館で
 一ノ瀬は一昨年に序盤戦で2勝を挙げるも、左肩周辺のケガの影響で夏以降は試合の出場を断念。トーナメント特別保障制度の適用を申請し、治療に専念した。そして昨年はツアーに戻り、前半戦にベスト5フィニッシュが2回と結果を出すが「どんなにオフの練習してたっていっても、感覚は簡単には取り戻せないだろうなと。やっぱり成績がよい中でも感覚は全然戻らなかったです」とケガの前のゴルフを取り戻すことができなかった。

 体に負担をかけないようスイング改造などにも取り組んだが、「シーズン途中から左の親指がすごい痛くて。それが2か月3か月ずっと治らなくて…、それもあって成績も出なかったです」とシード権は確保できたが思うような結果を出すことはできなかった。

 このオフは「トレーニングをいっぱいやりたい」とケガをしない体つくりに重きをおく予定。今シーズンの目標はずばり「優勝」。「メジャーはもちろん勝ちたいですけど、私は春先に勝ちたいんです。春先の試合が大好きだから。これまでの3勝全部春先なんです」。序盤戦は相性のいい試合が続く。スタートダッシュを決めるには「このオフがとても大事になると思います」、春に笑顔を花を咲かせるためにこのオフはケガと戦いながら調整を重ねていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>