<タイゴルフ選手権 最終日◇13日◇アマタスプリングCC(7,469ヤード・パー72)>

 来年の「マスターズ」に出場すべく今大会に参戦した片山晋呉は『タイゴルフ選手権』最終日を5バーディ・1ボギーでラウンド、トータル9アンダーに伸ばし順位を13位タイに上げて4日間を終えた。

国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 5アンダーの22位タイで最終日を迎えた片山。この日は幸先よく2番、3番で連続バーディを奪取。続く4番でボギーを叩くもすぐさま5番でバウンスバック。後半は10番。さらに14番でも伸ばし、4日間最高となる“68”にまとめた。

 試合後「やることやったという感じですね」とラウンドを振り返った片山。「今週はずっと良かった。4日間アンダーパーで回れたしね。それは手ごたえになる」。今年最後の試合で「やりきったという感じ。(2桁アンダーあと一歩)いやいや十分良くやった方だと思いますよ」と充実感をにじませた。

 また、大会前は世界ランク61位につけていた片山。来年の「マスターズ」出場条件の一つ年内世界ランク50位以内を狙い今大会に参戦。結果12位タイに食い込みランク上昇は必至の状況となった。(※ランキング発表が月曜日の夕方となるため何位になるか不明)「よう頑張った。やっぱり来てよかった。これでまた(ワールド)ランキングも少し上がるかな。楽しみ。明日の夕方が楽しみだね(笑)」と期待を口にした。

 シーズン終盤の『三井住友VISA太平洋マスターズ』でツアー29勝目を飾り、その後の3試合でトップ10に2度、そして強豪がひしめく今大会でも上位フィニッシュと完全復活した片山。来年は「マスターズ」出場、そして節目となるツアー30勝目を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>