<タイゴルフ選手権 初日◇10日◇アマタスプリングCC>

 タイにあるアマタスプリングCCを舞台にアジアンツアー『タイゴルフ選手権』が今日開幕。毎年、世界の強豪が出場する本大会、今年も熱戦が繰り広げる。

 その大会初日、すでにトップスタートの選手たちがホールアウト。トップスタート組のひとり宮里優作が6バーディ・2ボギーの“68”をマーク、4アンダーでホールアウトした。

 この日、INスタートの第1組目でスタートした宮里は14番で幸先よくバーディが先行。続く15番でも連続バーディを奪い2アンダーで前半を終了。後半では1番、2番で連続バーディ。続く3番をボギーとしたものの5番、6番で再び連続バーディを奪いスコアを伸ばした。その後7番でボギーを叩いたが4アンダーでフィニッシュ、現在首位と1打差の3位タイと好位置につけている。

 また、午前スタート組では片山晋呉が1アンダーをマークして17位タイにつけている。その他17位タイには世界ランク4位のバッバ・ワトソン(米国)も並ぶ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>