国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で2015年のトーナメント出場を終えた石川遼は8日(火)に行った関係者のコンペに出席し、オフに行う沖縄合宿のテーマを明かした。

昨年の合宿はバンカーでの練習に時間を割いた 田中秀道が意図を解説
 合宿ではトレーニングよりも練習に時間を割く予定で、主にフェアウェイウッドの精度向上を掲げる。「僕はフェアウェイウッドにあまりこだわりがなくて、クラブも新しい物が出たらそれを使うという感じだった。フェアウェイウッドも練習をあまりしてこなかったしコントロールできるようにしたい。(松山)英樹はフェアウェイウッドをいつも新しい物を試していて、それだけバリエーションが多いんだと思う」と語った。

 また、ショットに関しても「右サイドのピンをうまく攻められなかったので、フェードで右のピンを狙えるようにしたいと思う」とフェードボールの精度向上に取り組む構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>