<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

 「燃え尽きてもいいかなと思った。(途中で)18ホール持つかなって。すべての1打1打が大事だった」。

最終日の模様をフォトギャラリーで振り返る!
 国内男子ツアー最終戦『日本シリーズ JTカップ』最終日をトータル11アンダー、2位と3打差の単独首位で迎えた石川遼は、国内メジャー初制覇が掛かった勝負の日に6バーディ・3ボギー“67”でラウンド。ただひとり二桁アンダーのトータル14アンダーで完勝。2015年の最終戦を最高の形で終えた。

 ティオフ時点では3打差、最終結果は5打差。それでも石川の18ホールの心境は「追い詰められていた」。スタートホールの1番でいきなりの3パットボギーとしたが、3番、4番で連続バーディを奪取し、6番でもひとつ伸ばした石川。だが前半上がりの9番ではボギーとした後のサンデーバックナインは耐える展開から始まった。

 10番ではセカンドショットをグリーンを捉えられず、グリーンサイドの斜面からのアプローチとなるも、しっかりとリカバリーしてパーセーブ。11番、12番を乗り切って迎えた13番でセカンドショットをバンカーに入れると3打目は出すだけとなりアプローチも寄らず。ダブルボギーもあり得る状況で際どいボギーパットをなんとか沈めた。

 「僕がダボがあり得る状況で、孔明さんは4mのバーディパットを残していた。ここで(3打差が)1打差になることもあったのでキーポイントだった」と振り返った。「最後まで気を抜けなかった」と集中を持続し終盤3つのバーディを奪って独走となった。最終18番では大きな拍手に迎えられ、ウイニングパットを決めたあとは大きく右手でガッツボーズを見せた。

 「目の前の一打から逃げない。ショットが思い切りよく打てれば勝てる」と自分の信念を貫くことで勝利を手繰り寄せた石川。「将来の自分につながるショットが打てた」と来年のPGAツアーでの活躍への光明を見出しつつの国内メジャー初制覇。「アメリカでは練習ではできていることが、実戦では“逃げてしまう”。打ち方以外の問題」と考えすぎる後ろ向きのメンタルに支配されていたというが、今大会では「自分のなかにハッキリとしたものを感じてアドレスに入れた」と“コースの景色”を消してスイングに集中する理想の“無心スイング”を体現できた。

 「自分がゴルフを上手いと思ったことはない」「上手くなることをつねに考えていたい」。自分自身を否定せざるを得なかった2015年シーズン。だが迷いを払い手にした今回の勝利による成功体験は、必ず来季の米ツアーでの飛躍の糧になる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>