<ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日◇4日◇紫カントリークラブ すみれコース(6,502ヤード・パー72)>

 今季は米女子の下部ツアー、「シメトラツアー」を主戦場とした森田遥。6位タイで最終日を迎えると、この日は4バーディ・3ボギーの“71”でラウンド。スコアを1つ伸ばしトータル3アンダー4位タイでフィニッシュ、来季の国内女子ツアーほぼすべての試合に出場できる資格を得た。

【女子プロ写真館】女子プロ達の華麗なプレーを写真で!
 精神的、肉体的に疲弊するこの「ファイナルクォリファイングトーナメント」。4日間で来年のスケジュールが決まるとあれば重圧がかかるのも当たり前だが、森田は「私は1年間QTをやってきたようなものなので」と19歳とは思えぬ落ち着きを見せた。

 シメトラは1年を戦い、賞金ランク10位以内に入れば次のシーズンは米女子のレギュラーツアーに出場することができる。森田は惜しくも11位、あと一歩及ばなかったが「精神的な面で成長できたと思う」と日本と異なる芝、過酷な移動環境で戦う中、肉体的にもメンタル的にもたくましさを増したと実感。このファイナルQTでもその経験が存分に活きたようだ。

 来季は日本を主戦場とするが、もちろん「出られればどこででも」と海外メジャーの予選会などにはチャレンジする予定。世界で活躍できるプレーヤーを目指し、研鑽を続けていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>