<ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前情報◇2日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

 『カシオワールドオープン』で賞金王を確定させて最終戦に臨むキム・キョンテ。自身2度目の戴冠後の試合となるが終盤の体調不良を乗り越えて、今季見せてきた強さを締めくくりの試合で披露する。

今季国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 今季『マイナビABC』までにシーズン自己最多の5勝を挙げ、賞金ランクを独走したが『VISA太平洋マスターズ』での棄権から体調を崩し、ここまで満足でプレーができていなかったキョンテ。先週も「歩くのも辛かった。ゆっくりだから周りの選手に迷惑をかけないように、打ったらすぐ歩いていたし、バーディも全然取れなかった。もう少し(上位に)いきたかったけど」と不本意なゴルフに終始した。

 だが今週は体調も徐々に回復。「先週に比べたら、全然大丈夫」と賞金王らしいプレーをギャラリーに見せるために状態を戻して戦い、さらに賞金王確定の会見でも語っていた年内の世界ランキング50位以内に向けて、結果を出す。

 「世界ランキングのことは考えすぎてもいいことがないけど、モチベーションはある」と話したキョンテ。“鬼復活”の年も最後の試合は納得いくゴルフで締めくくる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>