<カシオワールドオープン 最終日◇29日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー『カシオワールドオープン』が終了し、来季のシード選手が確定。大会前にシード圏外の79位に位置していた河井博大だったが、同大会35位タイに入り、滑り込みでランク76位に浮上した。また、同大会9位タイと上位に食い込んだ額賀辰徳が第2シード圏内・74位から第1シード圏内・ランク61位に入り、来季の全試合出場権を6年ぶりに手にした。

今シーズンの国内ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 初シードを手に入れたのは9名で、最上位は昨年のチャレンジツアー賞金王の今平周吾(ランク24位)。若手ではツアー外競技の『ネスレマッチプレー』で石川遼を下して、名を挙げた堀川未来夢がランク41位、今季『全英オープン』に出場した富村真治がランク74位でシード入りした。

 またシード陥落の憂き目にあったのは10名。ベテラン勢では塚田好宣、丸山大輔、今野康晴が喪失している。

 以下、初賞金シード、賞金シード復帰、賞金シード陥落選手を記載する。

【初賞金シード】
今平周吾
W・J・リー
堀川未来夢
小池一平
A・キュー
小林伸太郎
M・グリフィン
富村真治
文景俊

【賞金シード復帰】
川村昌弘(2年ぶり3回目)
額賀辰徳(6年ぶり2回目)
矢野東(2年ぶり13回目)
横田真一(5年ぶり15回目)

【賞金シード喪失】
梁津萬☆★
D・スメイル
塚田好宣
丸山大輔
室田淳☆
上井邦裕
塩見好輝
K・アフィバーンラト★
今野康晴
金亨泰
S・コンラン
ハン・リー■

☆は賞金ランク以外の出場資格保持者、★出場義務競技数不足で対象外、■は特別保障制度適応者

※第1シード/第2シード…上位60位まで(現時点で義務試合数を満たさない2名を除き、62名まで)を第1シード、61〜75位(現在で78位まで)を第2シードとし、第2シードはシーズン途中の出場資格順位の見直し(リランキング)の対象者に。2016シーズン前半戦出場権は確保されているが、前半の成績によっては出場選手の絞られる後半戦に出場権が降りてこない可能性がある。

<ゴルフ情報ALBA.Net>