<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇28日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

 この日、一番多くのギャラリーを引き連れていたのは地元・宮崎出身の大山志保だった。多くの声援に後押しされるようにこの日2つスコアを伸ばし、トータル4アンダーで単独首位に浮上。この大会3度目の栄冠に王手をかけた。

大山志保、地元Vなるか?大会3日目をライブフォトで振り返る
 ここまでの2日間ほど風は強くなかったが、左右にふられたピン位置に多くの選手が苦戦。その中でグリーンを外しても粘りのプレーでパーを拾った大山、15番と16番を「パーで切り抜けられたのが大きかった」と15番は2メートル、16番パー3では1.5メートルを「真っ直ぐしっかりと強めに」打ってパーをセーブ。例年より「芝目が強い」という高麗グリーンを強気のパッティングで攻略した。

 「この3日間はイライラせず、落ち着いてラウンドができている」という大山。プレー中は表情豊かで、いいパットを決めればパーパットでもガッツポーズ、はずせばうなだれるなど見ている方は楽しいプレーヤーだが、自身は「心に波がある。自分の心をコントロールするのが、私には難しい」と調子が悪い時はイライラが顔にも出てしまうのが欠点だと考えている。

 今週は「いつもと違って自分を褒めていることが多い、全てがプラスになっている」とミスをしても自分に対して怒らないようにプレーできている。そうできるようになったのは、先週同じく宮崎で開催された男子ツアー「ダンロップフェニックス」を久しぶりに観戦した影響が大きいという。

 昨年のツアー対抗戦「3ツアーズ」で交友を結んだ竹谷佳孝や同じ宮崎出身の甲斐慎太郎、松山英樹のプレーを観戦。「松山くんはレベルは違うけど、スイングを参考に。竹谷さんや甲斐くんからはひたむきなプレーを見せてもらいました。特に竹谷さんはボギーパットの時でもちゃんと歓声に応えてて」。自身はプレーに集中するあまりミスをした時などは歓声が耳に入らない時があるが、「どんな時でも応援に応えられるのはすごい。お客さんもそのほうが見ていて楽しいだろうな」と感銘を受けた。

 「今週はギャラリーの声援も聞こえているし、それを力に変えられている」、男子プロたちのような“ひたむきなプレー”が今はできている。

 この日は父、晃さんの76歳の誕生日。「ウエアとバッグを送りました。ドルチェ&ガッバーナの。いつもはヴィトンだったけど、若作りさせようと思って(笑)」。明日、地元での優勝もプレゼントできればゴルファーとしてこれ以上の親孝行はないだろう。自分のため、父のため、そして応援してくれる地元のファンのため、明日は絶対に負けられない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>