<ダンロップフェニックス 最終日◇22日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー『ダンロップフェニックス』最終日。全選手がハーフターンを終え、首位からスタートした宮里優作は2バーディ・2ボギーでスコアが伸びなかったがトータル12アンダーで首位を堅守している。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 2打差トータル10アンダー2位タイには藤本佳則、ハン・ジュンゴン(韓国)がつける。続くトータル9アンダー4位タイには松山英樹、近藤共弘、ダニー・リー(ニュージーランド)ら6人が並ぶ。さらに片山晋呉、I・J・ジャン(韓国)、ジャン・ドンキュ(韓国)がトータル8アンダーで10位タイとしている。

 また、石川遼は2バーディ・4ボギーで2つ落としトータル2オーバー50位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>