<大王製紙エリエールレディスオープン 3日目◇21日◇五浦庭園カントリークラブ(6,460ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の3日目。上位陣の順位が目まぐるしく入れ替わる第3ラウンドだったが、そんな中トップに立ったのは今年の賞金女王、イ・ボミ(韓国)だった。

イ・ボミの特選PHOTOを写真館でチェック!
 ボミは2番でセカンドショットを2mにつけて最初のバーディを奪うと、4番、5番で連続バーディ。折り返してからも着実にスコアを伸ばした。最終18番パー5では残り70ヤードの3打目を1.5mにつけバーディフィニッシュ。2位に3打差をつけて今季7勝目に王手をかけた。

 予選ラウンドではイマイチだったショットが今日は冴えた。「良いスイングができていて、たくさんチャンスについた」と7バーディを奪取。加えて「乗らなかったところでもしっかりパーセーブできた」とノーボギーで駆け抜け、昨日渡邉彩香も出した“65”のトーナメントコースレコードタイで一気にまくった。

 先週賞金女王戴冠と獲得賞金2億円超えという2つの目標を同時に達成したボミ。だからと言って気が緩むことはない。今週優勝すれば伊澤利光が2001年に記録した日本のツアー年間獲得賞金最高額(男女含む)を超えて獲得賞金歴代1位となるからだ。「目標はないよりもあったほうが良い。簡単ではないと思いますが頑張ります」。今年の記録ラッシュにさらに1つ加えることが出来るか。

 そしてもう1つ。「ここは福島です。いろいろなことがあった場所。良いプレーをして、元気を与えられるように強い気持ちを持っていきたい」。連戦による疲れはあるが、新たな目標、そして少しでも福島の人たちを勇気づけるために、明日も100%の力で戦うことを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>