<CMEツアー選手権 2日目◇20日◇ティブロンGC(6,540ヤード・パー72)>

 米国女子ツアーの今季最終戦『CMEツアー選手権』2日目。宮里藍、宮里美香、野村敏京の3選手が出場しているが、3週間ぶりの試合となった藍は5月のキングズミル選手権以来の60台となる“67”でラウンドし、5アンダー・8位タイに浮上。「今日は(パットが)しっかり入ってくれた」と初日に掴んだパッティングの感覚を信じてスコアを伸ばした。

【関連】藍、さくら、美香らの活躍を振り返る!USLPGAフォトギャラリー
 初日のバックナインに、ラインを薄めに読んでしっかり打つことでパットの感覚を合わせていった藍。「昨日よりもグリーンの状態がよくすごくコロがりが良かった。自分のイメージ通り」とタッチが合ったことが浮上に繋がった。

 振り返った2日目のハイライトはトータル5アンダーに伸ばして迎えた終盤7番でのパーセーブ。「良いリズムで回っていたので、アプローチをショートしても焦りはなかった」と2.5mのパーパットを沈めると残り2ホールも乗り切った。

 2日目はステーシー・ルイス(米国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)とのラウンドとなったが、「ステーシーは一緒に回るのは久しぶりですごく楽しみにしていた。あとブルックはすごく気になる選手のひとり。ペアリングが一緒になってうれしかった。彼女は将来性のある選手。雰囲気がとても良い子で、いい緊張感もありつつ楽しく回れた」とペアリングに恵まれたことも好スコアの一因に挙げた。

 特にブルックは「人間的に魅力のある子。一回り違うんですけど(笑)、世代が違うなかでもすごく波長が合う選手のひとり」と注目していた若手。同組での初ラウンドとなったが「あんなにしっかりしている18歳は珍しい。『ポートランドクラシック』であれだけ差をつけて(※2位と8打差でツアー初優勝)すごいなって思って、人間的に魅力のある子だなって、一方的に好意を寄せていました。若い子に学ぶのはたくさんあって、若い時にしかないアグレッシブさがある。学ぶというより見ていて楽しい」と“片思い”をしていた相手だったという。

 ブルックの“アグレッシブさ”とステーシーの持つ“緊張感”から受けた好影響で順位を上げたが、3日目は首位10アンダーのハナ・ジャン(韓国)との差を縮めて、最終日の優勝争いに食い込みたいところ。「最近はスコアの伸び方を見ても“頑張っても頑張っても”上が伸びるという感覚がある」上位に進出するのが難しいと感じているといるが「自分がどこまで行けるか、大きな挑戦になると思う」と米ツアー10年目の締めくくりとなる最終戦での結果を求め、1打1打に集中して残り2日間を戦う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>