<RSMクラシック 2日目◇20日◇シー・アイランド・リゾート(7,005ヤード・パー70)>

 米国男子ツアー『RSMクラシック』が開幕。日本勢でただ一人出場している岩田寛は初日を“67”の5アンダーとし、首位と2打差・10位タイと好スタートを切ったが、2日目も順調にスコアを伸ばしトータル8アンダー。首位との差は1ストローク広がったものの5位タイに浮上した。

 パー70となった2日目をINスタートとなった岩田はスタートホールの10番で幸先よくバーディを奪取すると、前半4バーディ・1ボギー。後半はパー行進となり、落とすことも伸ばすこともなく9ホールを終えた。

 首位に立ったのはケビン・チャペル(米国)、1打差でフレデリック・ヤコブソン(スウェーデン)、ケビン・キスナー(米国)が並んでいる。

【2日目の順位】
1位:ケビン・チャペル(-11)
2位T:フレデリック・ヤコブソン(-10)
2位T:ケビン・キスナー(-10)
4位:カイル・スタンレー(-9)
5位T:岩田寛(-8)
5位T:ジェイソン・ゴア(-8)
5位T:アレックス・チェイカ(-8)
5位T:マイケル・キム(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>