<ダンロップフェニックス 初日◇19日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー『ダンロップフェニックス』は初日の競技が終了。大会初日では6バーディ・ノーボギーの“65”で回った竹谷佳孝が6アンダーで首位に立った。

 2打差の4アンダーには宮里優作。続く3アンダー3位タイに池田勇太、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、高山忠洋、星野英正、額賀辰徳の5人が並んだ。2アンダー8位タイには小田孔明、谷口徹、藤本佳則、小林正則ら9人がつけた。

 また、昨年覇者の松山英樹は4バーディ・3ボギーの“70”で回り1アンダー17位タイで初日を終えた。石川遼は4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“71”、イーブンパーで29位タイとした。

【初日の結果】
1位:竹谷佳孝(-6)
2位:宮里優作(-4)
3位T:池田勇太(-3)
3位T:星野英正(-3)
3位T:ブラッド・ケネディ(-3)
3位T:高山忠洋(-3)
3位T:額賀辰徳(-3)
8位T:小田孔明(-2)
8位T:谷口徹(-2)
8位T:藤本佳則(-2)他

17位T:松山英樹(-1)他
29位T:石川遼(E)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>