<ダンロップフェニックス 事前情報◇18日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」が明日19日(木)より開幕。この日は悪天候により予定されていたプロアマ戦が中止となった。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 国内ツアー4連戦の2戦目となる石川遼は「悪い状態ではない。6アンダーといったスコアがいつ出るかかなというゴルフになってきた」と仕上がりに自信をみせた。先週は「ドライバーは良かったけど、アイアンは良くなかった」そうで、アッパーブロー気味にボールにコンタクトしていたのを修正。「ボールの位置を数センチだけ右にずらした」ことで、「感じが良くなってきた」と好感触を得た。

 今季は9月の「ANAオープン」で苦手としてきた開催コース・輪厚を攻略し優勝。この大会は08年に2位に入ったが、それ以外では20位以内に入ったことがなく得意な舞台とは言えない。輪厚では“攻める気持ち”を第一に自分のプレースタイルを貫き栄冠をつかんだ。「今週も勝つための“何か”があると思う。それを見つけたいです」。フェニックスで勝つには何が必要なのか、頭をフル回転させてプレーすることで勝機を探し出す。

 また、来週のホスト大会「カシオワールドオープン」では弟で高校1年生の航(わたる)くんがキャディを務めることを表明。「弟もゴルフを頑張っていて、キャディを提案したら喜んでいた。プロの世界にも興味があると思う。たぶんプロを目指している」。来週弟の前でいいプレーをして、兄としての威厳を見せるためにも今週結果を残し勢いをつけたいところ。

 「1日3アンダーを出せれば上にはいられると思うけど、5アンダーや6アンダーを目標としたい」、初日から今の手応えを結果につなげることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>