<ダンロップフェニックス 事前情報◇17日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 宮崎県にあるフェニックスカントリークラブを舞台に開催される「ダンロップフェニックス」。国内外の強豪選手がしのぎを削るビッグトーナメントのペアリングが発表された。

昨年大会プレーオフを制し国内初Vをあげた松山英樹!
 「ダンロップ・スリクソン福島オープン 」以来となる国内ツアー参戦の松山英樹はジミー・ウォーカー(米国)、ダニー・リー(韓国)とのペアリング。昨年はジョーダン・スピース(米国)ら、多くの海外勢が参戦する中、大学の先輩・岩田寛とのプレーオフを制して優勝。「なんだか勝たないとダメみたいな雰囲気もあったし、契約選手があまり勝っていないというのもあってなおさら…」という異様なプレッシャーを跳ね除けてホストVを飾った。

 松山と同組、今大会急遽出場が決定したジミー・ウォーカー(米国)。昨シーズン、「ソニー・オープン・イン・ハワイ」、「バレロ・テキサス・オープン」で2勝を挙げるなどPGAツアーの顔の一人だ。世界ランクは松山に次ぐ22位、トッププレーヤーのゴルフに注目したい。

 一方、松山と1年ぶりに国内ツアーでそろい踏みする石川遼。ペアリングは谷原秀人、海外勢の一人ウィル・ウィルコックス(米国)。先週は「初日は思うようなスイングができていませんでしたが、良くなってきてるなぁという感じです。このまま入っていければ来週が楽しみです」と語っていただけに上位を狙っていきたいところだ。

 その他ダンロップ主催ということで、ホスト勢にも注目が集まる。中でも21歳の新鋭・稲森佑貴は先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で4位タイに入り、「調子は良い感じです。好位置で最終日を迎えられるようにしたいですね。残り2試合頑張ってJTに出られるように」と気合い十分。稲森は今平周吾、欧州ツアー4勝のマッテオ・マナセロ(イタリア)と同組。普段お世話になっている人たちの前で夢の舞台への切符を掴みたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>