<男子賞金ランキング>

 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」終了時点の男子賞金ランキングが発表され、同大会で今季初優勝を挙げた片山晋呉が賞金ランク4位に浮上した。同大会は54ホールの短縮競技となったため、規定により加算される賞金額は75%となっている。

国内男子ツアーを写真で振り返る
 この大会を欠場したキム・キョンテ(韓国)が依然として大差をつけ首位を堅守。ランク2位の池田勇太は同大会29位タイ、ランク3位の谷原秀人は17位タイでフィニッシュ。差を大きく縮めることができず、キムが賞金王戴冠に前進した。


【国内男子賞金ランキング】
1位:キム・キョンテ(157,534,533円)
2位:池田勇太(88,768,724円)
3位:谷原秀人(73,451,147円)
4位:片山晋呉(67,566,048円)
5位:小平智(64,633,844円)
6位:松村道央(61,613,273円)
7位:藤本佳則(60,542,449円)
8位:イ・キョンフン(60,281,135円)
9位:宮里優作(58,961,776円)
10位:岩田寛(57,631,740円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>