<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇14日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246 ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』は3日目の競技が終了。2日目首位に並んだ片山晋呉が3バーディ・1ボギーの“70”で回りトータル14アンダーで単独首位に浮上、今季初優勝に王手をかけた。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック
 1打差のトータル13アンダー2位にはタンヤゴーン・クロンパ(タイ)。続くトータル12アンダー3位にはバッバ・ワトソン(米国)がつけた。トータル11アンダー4位タイには宮里優作、武藤俊憲、I・J・ジャン(韓国)、稲森佑貴の4人が並んだ。さらにトータル10アンダー8位タイには小田孔明、藤本佳則、パク・サンヒョン(韓国)、ハン・ジュンゴン(韓国)がつけた。

 また、29位タイで予選を通過した石川遼は3バーディ・1ボギーの“70”で2つ伸ばしトータル6アンダーの24位タイにつけた。

【3日目の結果】
1位:片山晋呉(-14)
2位:タンヤゴーン・クロンパ(-13)
3位:バッバ・ワトソン(-12)
4位T:宮里優作(-11)
4位T:武藤俊憲(-11)
4位T:I・J・ジャン(-11)
4位T:稲森佑貴(-11)
8位T:小田孔明(-10)
8位T:藤本佳則(-10)
8位T:パク・サンヒョン(-10)
8位T:ハン・ジュンゴン(-10)

24位T:石川遼(-6)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>