<伊藤園レディスゴルフトーナメント 初日◇13日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 「今年イーグルは初めてなんです!」。多くの選手がスコアを伸ばす展開となった『伊藤園レディス』初日の前半を3アンダーとしたイ・ボミ(韓国)は、後半のスタートホール10番で一気に首位争いに顔を出した。

イ・ボミがドレスアップ!女子プロ写真館、本日更新
 残り95ヤード。アプローチウェッジを振りぬくと、ピン手前に落ちたボールはカップに吸い込まれ、チップインイーグル。「(いったと思ったけど)期待をしていなかった」というスーパーショットで5アンダーまで伸ばすと、14番、15番の連続バーディで一気に引き離し、賞金女王戴冠がかかる大会の大事な初日で1イーグル・5バーディ・ノーボギーの完璧プレーをギャラリーに見せつけた。

 「久しぶりに楽しい1日」と振り返ったボミ。前日のプロアマ戦で9アンダーを叩き出した調子の良さを持続し、この日も7アンダー。ティショットは9番以外ですべてフェアウェイキープ、そして冴え渡る100ヤード以内のショットで多くのチャンスを作り出した。

 今週は先週の『TOTOジャパンクラシック』での疲れや悪い流れを断ち切るために、月曜・火曜はクラブに握らず休養。「先週は疲れてがあって…それを考慮して考えなきゃいけないんですが出来なかった」という反省を踏まえ、「疲れていても1打を大事にしよう!と思って、今日は1打ごとにしっかりとイメージを作って戦いました」。

 「賞金女王のことは考えない。目標を高くすると自分に期待してしまうので、1日2つ3つ伸ばして、ボギーを1個以内にしたい」と展望を語っていたが、目標を大きく上回る結果に。今季6勝目を達成できれば、賞金女王と、前人未到の年間獲得賞金額2億円をダブル達成となるだけに、明日以降はいやがおうにもタイトルを意識せざるを得ない。しかも、最終組で女王を争う唯一のライバル、テレサ・ルー(台湾)とのラウンドだ。

 それでも、大一番での同組を歓迎。テレサが“ボミと同組の日はスコアが出る”と、いいイメージを持っていることを聞くと「私も負けたくない」と力強く即答した。ボミは勝負の2日目にライバルを蹴散らし、王手をかけることができるだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>