<ロレーナ・オチョア招待 事前情報◇11日◇クラブ・デ・ゴルフ・メキシコ(6,804ヤード・パー72)>

 クリスティーナ・キム(米国)の2014年シーズンの目標は「ロレーナ・オチョア招待」に出場することだった。36名までしか出場できないこの大会に出ることは、すなわち素晴らしいシーズンを送ったこと同義だからだ。しかし彼女は出場を決めただけでなく、4日間トータル15アンダーで回り、2ホールのプレーオフの末優勝を手にした。

 「クラブハウスからゴルフコースを見下ろして、いろんな思い出がよみがえってきます。あの時は自分にとって珍しく、とても落ち着いていましたね」と、キムは語る。「とても興奮しています。あのときはショートゲームも絶好調だったし、良い思い出がいっぱいです」。

 キムは今年もショートゲームが好調でなければ勝てないと自覚している。しかし、昨年ここで掴んだキャリア3勝目、最高の勝利の勢いを2015年シーズンに持ち越せていない。彼女はもし2015年に成績をつけるならFをつけるという。賞金ランキング27位で終えた昨年に対し、今シーズンは69位。

「タフな一年になっています」と、キムは言う。「去年ほど落ち着いていないし、集中、リラックスできていません。自分を追い込みすぎていると思います。例年に比べても流れに乗れていません」。

 ベストとは程遠い状態で戻ってきたディフェンディングチャンピオン。昨年ドラマを生み出した地で、今年の自分を振り払い、良い流れを掴めるか。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>