<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇8日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー70)>

 雨が降りしきる中で行われた、国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の最終日。単独首位から出た谷原秀人が前半でスコアを3つ伸ばし後続を突き放すと、後半は1つ落としたもののトータル11アンダーで逃げ切り優勝。ツアー通算11勝目を挙げた。昨年大会では初日・2日目と首位をキープしたが、最終的には2位タイに。その悔しさを見事に晴らした。

国内男子ツアーを写真で振り返る
 雨の影響で「昨日より1番手飛ばない」とコンディションが変化したこの日の総武カントリークラブ。その中で「朝、ロングアイアンを多めに練習した」と対策を練ると、昨日に引き続き好調なパッティングがスコアメイクをサポート。4番でバーディを先行させると、5番では2メートル、6番では3メートルの微妙なパーパットを入れピンチをしのぐ。そして8番では「10回うって1回入るかどうか」という1メートルは切れるスライスラインを読みきりバーディ。続く9番でも6メートルをねじ込み、優位に試合を運ぶと危なげなく逃げ切った。

 直近2試合はショットが好調でベスト10フィニッシュ。「あとはパットが入るか入らないか」という状況だったが今週は全部が噛み合い嬉しい2年ぶりの勝利。このコースでは07年に開催された最後のサントリーオープンでも勝っており、優勝者インタビューでは「連勝したみたい」と喜びを語っていた。

 今週からドライバーのヘッドを小さく、シャフトを20グラム重たくするなどギアにも変化を加えた。「重たくしたけどヘッドスピードも飛距離も落ちなかった。重たいほうがスイングが安定するし、自分の場合悪いクセも出ずショットが安定した」。ティショットの安定性が重視される“狭い”コース。この変更も大いにこの勝利を後押ししてくれたようだ。

 昨年は2位が3回と勝利を挙げることができず、さらに今年の前半ではケガが重なった上に購入したばかりの愛車が盗難に。悪いことばかりが起こったが、この優勝でそれらの苦難も少しは忘れることができただろう。この優勝で賞金ランクは3位に、最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の出場も確定させた。「まだメジャータイトルがないので、30代のうちに勝ちたい」。国内ツアーは残り4試合、復活したパター巧者が終盤戦で大暴れしてくれそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>