<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇8日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー70)>

  国内男子ツアー『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』の全日程が終了。3日目首位に立った谷原秀人が最終日に4バーディ・3ボギーの“69”をマーク・スコア1つ伸ばし、トータル11アンダーで2年ぶりの優勝を挙げた。ツアー通算は11勝目。

国内ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 2打差のトータル9アンダー2位には藤本佳則。続くトータル7アンダー3位には松村道央がつけた。さらにトータル6アンダー4位タイにはチェ・ホソン(韓国)と市原弘大の2人。トータル5アンダー6位タイには片山晋呉、藤田寛之、池田勇太、永野竜太郎、ソン・ヨンハン(韓国)の5人が並んだ。

【最終結果】
優勝:谷原秀人(-11)
2位:藤本佳則(-9)
3位:松村道央(-7)
4位T:チェ・ホソン(-6)
4位T:市原弘大(-6)
6位T:片山晋呉(-5)
6位T:藤田寛之(-5)
6位T:池田勇太(-5)
6位T:ソン・ヨンハン(-5)
6位T:永野竜太郎(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>