<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 最終日◇7日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(7,006ヤード・パー72)>

 PGAシニアツアー『富士フイルム シニア チャンピオンシップ』は全日程が終了。3日連続“68”と安定感抜群のゴルフを展開した渡辺司が、室田淳を抑え、2年ぶりの優勝を飾った。

今大会をフォトギャラリーで振り返る!
 初日は室田が単独トップ、2日目で渡辺が首位に並んだ。そして最終日は2人の一騎打ちに。渡辺は前半1バーディ・1ボギーで伸ばせず8アンダーのまま、一方の室田が1つ伸ばし一歩リードし折り返した。

 室田有利で折り返したが、後半では一変。前半のもどかしい展開を晴らすように渡辺が11番で後半最初のバーディを奪い室田に並ぶと、13番、15番、17番でバーディを重ね12アンダーに。一方の室田は後半まったくバーディを取れず9アンダーのまま8ホールが過ぎていった。最終18番でやっとバーディを奪ったが、時すでに遅し。渡辺が室田に2打差をつけて優勝を果たした。

 「本当にうれしいですよ。ファンケルで室田さんと優勝争いをして、あの時は自分が追いかける立場で出て行って、まるで歯が立たなくて、普通に強い人なんだなぁと言うのが実感で」と室田を抑えての優勝を素直に喜んだ渡辺。「室田さんのゴルフは本当に、残り4ホールで4打差あってもまだわからないゴルフをするんで、リードしているという気がしない。過去に何度もそういうのを見てきているからね」。

 2年ぶりに優勝を果たした渡辺だが、喜びよりもまずは感謝の思いがこみ上げる。「ありがたいことにゴルフができるからだが少し残っていて、契約先のセガサミーの里見会長やいろいろな人が応援してくれて支えられているので、ゴルフの人生を送れるいるので、クラブを提供してくれるダンロップスポーツ、恩返しができるとすれば「どうもありがとう」と口にするのは簡単だけれども、それを実証するのは2位ではなく優勝だと思う。優勝は丸2年ぶりです。恩返しをして喜んでくれる人がいることはありがたい」。最高の形で恩返しすることが出来た。

 また、渡辺の師匠であり大会ホストを務める青木功がそばにいたのも幸いだった。「青木さんが若かりし頃毎試合当たり前のように優勝争いをしていて、どういう気持ちで、どういう形で時間をすごせば気持ちよく試合に望めるかできるか、よくご存知ですから」と師から優勝争いの心構えを伝授され、強敵・室田を下した。

 「22歳で青木さんのところへいき、36年もお世話になっている。仲人までしていただいて、お世話になっている方に「おめでとう」といわれてうれしい」、敬愛する師からの一言が何よりの言葉だった。

 優勝という形でスポンサーや契約メーカーへ恩返しが出来た渡辺だが、師・青木へは「青木さんがいつの日かクラブを置く日が来るので、そのときに先にゴルフをやめていないようにがんばりたい。15歳年が違うので。こういうと青木さんに怒られるんですよ、「俺がみとってやる」と。あと10年か15年かわからないけれども、それまでしがみついていたい。「おつかれさまでした」と言うのが一番の務めだと思っています」。

 今後の目標でも「単純にシニアにとって必要な人間であること、青木さんの現役最後の日にゴルフ場にいること、です」と語った渡辺、最後までツアーへの想いと師への感謝の気持ちが込められていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>