<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 3日目◇7日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー70)>

  国内男子ツアー『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』の3日目。全選手がハーフターンを終え、1打差2位タイからスタートした谷原秀人が、前半3バーディ・1ボギーでトータル8アンダーに伸ばし、チェ・ホソン(韓国)を捉え首位に並んだ。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 1打差のトータル7アンダー3位には市原弘大。続くトータル6アンダー4位タイには松村道央、藤本佳則の2人がつける。さらにトータル5アンダー6位タイには藤田寛之と冨山聡。トータル4アンダー8位タイに片山晋呉、竹谷佳孝、デビッド・オー(米国)が並ぶ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>