日本ゴルフツアー機構(JGTO)は、アジアンツアーとの共同主管競技となる新規トーナメント「レオパレス21ミャンマーオープン」を2月4日(木)から7日(日)にミャンマー首都ヤンゴン近郊にあるロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブで開催することを発表した。

 出場予定人数は144名。日本ツアーからは60選手が出場予定で、日本ツアーの賞金ランキングにも加算される。

 日本ツアーは1月28日(木)から同じくアジアンツアーと共催の「SMBCシンガポールオープン」をスケジュールに加えており東南アジアでの2連戦となる。また、「SMBCシンガポールオープン」には招待選手としてジョーダン・スピース(米国)が早々に出場を表明している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>