<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇6日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』は2日目の競技が終了。初日首位に立ったチェ・ホソン(韓国)が3バーディ・3ボギーのパープレーで7アンダーをキープ、単独首位で決勝ラウンドに駒を進めた。

国内男子ツアーはフォトギャラリーでチェック!
 1打差のトータル6アンダー2位タイには谷原秀人、永野竜太郎、冨山聡の3人が並んだ。続くトータル5アンダー5位タイには松村道央、市原弘大、正岡竜二の3人がつけた。さらにトータル4アンダー8位タイで片山晋呉、池田勇太、藤田寛之、宮里優作、藤本佳則、ジャン・ドンキュ(韓国)の6人が続く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>